食中毒を起こさないために注意したいことは?tomoです。

健康・美容

食中毒を起こさないために注意したいことは?tomoです。

食中毒を防ぐ方法についてご紹介します。

気温が上がるにつれて心配になってくる、食虫毒。
特にお弁当などを作っている場合には、注意が必要だと言われていますね。

食中毒を防ぐには、調理方法などを工夫する必要がありますよ。
食中毒を防ぐ方法についてご紹介します。

★食中毒ってどんなもの?

食中毒とは、細菌、ウイルス、有害物質などを含んだ食材を食べることで、体に不調を起こしてしまうこと。
症状は食中毒を引き起こすものによって違いますが、下痢、嘔吐などの胃腸障害が起こることが多いですよ。

その他にも、知覚障害、呼吸困難など、重篤な症状を起こしてしまうものもあります。
・食中毒の原因となるものには様々なものがあり、年間を通して起こる可能性のある病気となっています。
・夏には、O-157やカンピロバクターなどの細菌感染が増えると言われていますよ。

★食中毒を防ぐ方法

食中毒を防ぐための3原則は、「付けない、増やさない、やっつける」。

「付けない」は、食中毒の原因となるものが含まれていない食材を選ぶこと。
・調理中や食べる時に、食中毒の原因となるものを付けないように注意することが大切です。
・手や調理器具など消毒を徹底するようにしましょう。

「増やさない」は、食材の保管期間などに、細菌などが繁殖しないようにすること。
・適した保管方法を行い、新鮮なうちに食べることが大切ですよ。

「やっつける」は、食中毒の原因となるものを、調理や消毒をして無毒化すること。
・食材は、しっかりと加熱するのがオススメですよ。

食中毒を防ぐためにも、「付けない・増やさない・やっつける」を心がけるようにしてくださいね。

★お弁当による食中毒を防ぐ方法

お弁当は食材を容器に入れて持ち歩くため、より注意が必要です。

・お弁当を作る時に気を付けてほしいのが、できるだけ水分を少なくすること。
・水分が多いと、細菌などが繁殖しやすくなると言われていますよ。
・サラダなどの水分は拭き取ってから入れるようにしましょう。
・食材は、芯まできちんと加熱するように気を付けてください。
・新鮮な食材を入れることも大切ですよ。

お弁当に詰める時には、熱が冷めてから詰めるようにしてくださいね。
・お弁当を持ち歩く時には、できるだけ涼しい場所に置くようにしましょう。
・保冷剤などを使用して、お弁当に熱がこもらないようにしてくださいね。

お弁当を食べる時にはきちんと手洗いをして、できるだけ早く食べるようにしましょう。
・食集毒を起こさないためにも、調理方法などを見直してみてくださいね。

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございます。
少しでもご参考になれれば嬉しいです

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
1
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ