コーヒーは体に良いか悪いか?tomoがそのメリット・デメリットを教えちゃいます。

健康・美容

コーヒーは体に良いか悪いか?tomoがそのメリット・デメリットを教えちゃいます。

コーヒーを効果的に飲む方法についてご紹介しますね。

Tomoはコーヒー大~~~好きです。( *´艸`)
今回は愛飲者の多い、コーヒーのお話です。

コーヒーが生活に欠かせないものとなっている人も多いことと思います。
実は、コーヒーは美味しいだけでなく、飲むタイミングによってメリットとデメリットがあるんですよ。
コーヒーを効果的に飲む方法についてご紹介しますね。

★嗜好品として人気の高いコーヒー

世界中で愛されているコーヒーは、日本でも多くのコーヒーショップがあふれ、多くの人から人気を集めていますね。

コーヒーとは、コーヒー豆を煎って粉にし、お湯を加えてドリンクにしたものです。
・独特の香りと味が魅力で、起床時、食後、休息タイムなど、いろんな時に飲まれていますね。
・コーヒーの主な成分には、カフェイン、ポリフェノール、全多糖類、脂質、タンパク質などがあります。

★コーヒーを飲むことのメリットとデメリット

コーヒーは、美容や健康に役立つという話を聞いたことはないですか?
その逆に、コーヒーを飲み過ぎると体にあまりよくないという話を聞いたことのある人もいるのではないでしょうか?

コーヒーには、飲み方によってメリットとデメリットがあるんですね。

コーヒーのメリットは、美容と健康に役立つと言われているポリフェノールが含まれているところ。
・ポリフェノールには抗酸化作用があるため、体が酸化するのを防いでくれるんです。
・そのため、アンチエイジング効果のある成分としても有名ですね。
・その他には、疲労を和らげてくれる効果や、抗菌性作用などもあると言われているのよ。
・カフェインには中枢神経を興奮させる作用がるため、眠気覚ましなどに利用している人もいます。

でも飲み過ぎると、夜眠りにくくなってしまうこともありますよね。
・眠りも浅くなってしまうため、質の高い睡眠を得ることができなくなってしまいます。
・利尿作用もあるため、飲み過ぎるとトイレに頻回に行きたくなったり、体の水分が不足してしまったりする恐れもあるのです。

★コーヒーを効果的に飲む方法

コーヒーを飲む時に気を付けてほしいのが、飲み過ぎないことですね。
・コーヒーは適度に飲むと健康や美容に役立ってくれますが、飲み過ぎると体に悪い影響を与えてしまいます。
・コーヒーは、1日3杯程度を飲むのがオススメです。
・コーヒーには覚醒作用があるため、寝る4時間前以降は飲まないようにしましょうね。

コーヒーは、目を覚ましたい時、集中力を高めたい時、リラックスしたい時などに飲むのがオススメです。
コーヒーを飲む量とタイミングに気をつけて、コーヒーを美容と健康に役立ててくださいね。

少しでもご参考になれれば嬉しいです。Tomoです。

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
1
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ