美肌のための睡眠時間ってあるのよ❢寝すぎは肌荒れの原因ですって?

美肌

美肌のための睡眠時間ってあるのよ❢寝すぎは肌荒れの原因ですって?

美肌のための睡眠時間の目安と、寝過ぎによって肌荒れが起こる理由

こんにちは、tomoです。
あなたは、知っていますか?
睡眠不足が美肌に悪影響なのは分かっていますが・・・・・
ダラダラと長時間睡眠も悪影響?なのです。
今日はそんなお話です。

美肌のためには睡眠が欠かせませんが、睡眠時間を長く撮れば美肌になれるというわけではありません。
それどころか、睡眠をとりすぎることでせっかくの美肌に悪影響を及ぼしてしまう恐れがあります。

今回は、美肌のための睡眠時間の目安と、寝過ぎによって肌荒れが起こる理由をお話ししますね。

★美肌と睡眠の関係は・・・

美肌になりたければ、質の良い睡眠をとることです。
美肌と睡眠は切っても切れない仲で、ちゃんと睡眠が取れていない人は肌がボロボロです。

私たちの肌は、睡眠している間にターンオーバーによって生まれ変わっています。
肌のターンオーバーとは、約28日周期で古い肌細胞が新しい肌細胞へと生まれ変わるサイクルのことを言います。

このターンオーバーに欠かせないのは成長ホルモンです。
成長ホルモンは、睡眠中にしか分泌されないホルモンです。
つまり、しっかり睡眠をとらなければ成長ホルモンが分泌されにくくなるということなのです。

成長ホルモンの分泌が悪くなると、肌のターンオーバーがスムーズにいかなくなり、美肌を保つのが難しくなります。

★寝すぎで肌荒れが起こる理由はね

美肌のためにはとにかく睡眠をとればいいというわけではありません。
睡眠を取りすぎても、肌荒れが起こる可能性が高いため、気を付けなければいけないのです。

肌のターンオーバーに欠かせない成長ホルモンは、眠りに入ってから約3時間後に活発に分泌されます。
・つまり、勝負は入眠から約3時間後なので、睡眠時間の長さはそこまで関係ないのです。
・さらに、だらだらと寝続けてしまうと脳が半分だけ覚醒してしまっている状態が続くため、体内時計が狂って成長ホルモンの分泌が悪くなってしまうのです。
・眠りも浅くなってしまうので、長く寝たわりには疲れが取れず、その疲れも肌に出てしまうことになります。

★美肌のための睡眠時間の目安は?

美肌のための睡眠時間の目安は6時間から8時間です。
成長ホルモンが分泌されやすい睡眠時間帯は、午後の10時から午前2時までと言われていますが、ライフスタイルの多様化により、時間帯を守るのが難しいと思います。

家事や育児、仕事などで午後の10時に睡眠をとるのが難しい人は、遅くても0時までに寝るように心がけましょうね。

睡眠時間の中にはレム睡眠とノンレム睡眠があります。
それぞれ、眠りが浅い深いでサイクルが分けられており、1サイクルが約90分です。
レム睡眠とノンレム睡眠を4回から5回程度サイクルした後に目覚めるのがベストで、その計算で行くと、美肌のための睡眠時間の目安が6時間から8時間になります。

これは体の疲労を回復させるためにも、ベストな睡眠時間なので、できるだけ意識して睡眠をとるように心がけましょう。

最近はスマートフォンのアプリで、レム睡眠とノンレム睡眠を分析した上で適切な時間に起こしてくれる賢い目覚ましアプリもあります。
目覚めるべき時間に目覚められるため、寝起きもすっきりで一日を清々しい気持ちでスタートさせられますね。

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
1
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ