照り返しなどで強い冬の紫外線対策❢夏よりも危険なのよ❢

保湿・乾燥

照り返しなどで強い冬の紫外線対策❢夏よりも危険なのよ❢

冬の紫外線対策についてお話しします。

あなたは、「冬は紫外線がそんなに強くないから紫外線対策はあまりしなくてもいい・・・」などと思い込んでいませんか?
こんにちは、tomoです。~~~ヾ(^∇^)こんにちはー♪

実は、冬こそ紫外線対策をしなければいけないのですよ。
特に、ウインタースポーツをする人は注意が必要です。

冬は乾燥の季節ですから、いつもよりも紫外線のダメージを受けやすくなっています。
白い雪も光を反射させて眩しさが増す中で紫外線対策もしないまま、過ごしていると大変です。

今回は、冬の紫外線対策についてお話しします。

★冬の紫外線の方が強いの?

紫外線には、波長によってUV-A波とUV-B波に分けられます。

UV-A波とUV-B波の違いは、オゾン層で吸収される量によって発生し、UV-A波は長い波長、UV-B波は短い波長で特徴が違います。

UV-A波・・・肌の奥にある真皮層まで届いてコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを破壊する。
UV-B波・・・肌の表面を照らして炎症を起こす。

冬は、実は波長が長いUV-A波の方が強くなるので、シミやシワ、たるみの原因を作りやすいため要注意なのです。

日差しが強いと感じないのは、UV-B波が弱いからであって、実はUV-A波が強いので夏より注意しなければいけないのですね。

★乾燥で肌のバリア機能が低下しちゃっています。

冬に紫外線対策をしなければいけない理由は、紫外線のUV-A波が強いからだけではありません。

肌の乾燥によってバリア機能がかなり低下しているので、いつもよりも紫外線の影響を受けやすくなっているのです。

肌の乾燥は、主に肌の表面にある角質層で起こっています。
角質層がカラカラに乾くと、バリア層が薄くもろくなってしまうので刺激を受けやすくなるのです。

また、そこに紫外線のダメージが加わると、さらに角質層が乾燥してダメージを受けやすくなります。

★冬の紫外線対策のポイントは?

冬の紫外線対策で気をつけたいのが、SPFやPAの強さです。

あまりにも強い効果のUVカットクリームやコスメを選ぶと、SPFやPAの刺激によって肌荒れしたり、乾燥肌を招く恐れがあります。

SPFやPAの強さは、シーン別に使い分けるのがベストです。

・SPF10(PA+)
短時間のお出かけ

・SPF20(PA++)
1時間以上のお出かけや買い物

・SPF30~40(PA+++)
長時間のお出かけやウインタースポーツをするとき

このように、シーンによってUVカットクリームなどを使い分けて、刺激で肌が乾燥しないように心がけましょうね。
刺激で肌が乾燥すると、さらに紫外線の影響を受けやすい肌になっちゃいますからね。

Tomoのline@ @tfn3582k Add Friend

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
1
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ