冬の髪の乾燥対策❢パサパサでうねる髪をしなやかな流れる髪に❢

保湿・乾燥

冬の髪の乾燥対策❢パサパサでうねる髪をしなやかな流れる髪に❢

冬の髪の乾燥対策についてお話しします。

こんにちはtomoです。
あなたの髪の状態はいかがですか?
今回はそんなお話です。

冬の髪は静電気が発生するほどパサパサに乾燥しますね。
パサパサになった髪は、表面のキューティクルが傷んでいる可能性が高いので、くせ毛でヘアセットに苦労する場面もあるのではないでしょうか?

髪の痛みやうねりを防ぐためには、お肌とともに髪の乾燥対策にも気を使わなければいけません。
今回は、冬の髪の乾燥対策についてお話しします。

★冬に髪が乾燥しやすい理由

冬に髪が乾燥しやすい理由は、外気の乾燥した空気と室内のエアコンなどで乾燥した空気に晒されるからです。
特に、エアコンなどの暖房機器は水分を蒸発させる働きがあるので、髪の水分がどんどん空気中に逃げていってしまいます。

また、外と室内の温度の差が激しいので、髪が傷みやすくなり、髪の表面を覆っているキューティクルが乱れることで乾燥しやすくなります。

キューティクルは髪の表面をうろこ状に覆っており、規則正しく並んでいれば、うまく髪の水分バランスを保てますが、剥がれたりなどで乱れていると水分をうまく取り込めずに、取り込んだとしても蒸発させてしまってバランスを失うのです。

★キューティクルと髪のうねりの関係

キューティクルが乱れた髪は水分を均等に保つのが難しいので、湿気が多い日は空気中の水分を不規則に吸って髪をうねらせてしまいます。

キューティクルが所々剥がれていると、水分を取り込める場所と取り込みにくい場所がバラバラになり、くねくねとしたくせ毛になってしまうのですね。

トリートメントなどで水分を補給したつもりでも、キューティクルが剥がれている以上、なんらかでコーティングしなければ水分が剥がれている部分から蒸発してしまいます。

悲しいことに、髪のキューティクルは一度剥がれてしまうと元には戻らないので、乾燥や痛みには十分に気をつけるべきなのです。

★冬の髪の乾燥を防ぐ方法

冬の髪の乾燥を防ぐためには、以下の3つの対策方法がおすすめです。


・熱いお湯で髪を洗わない
熱いお湯で髪を洗うと、髪の表面のキューティクルを傷めてしまいます。
38℃〜41℃程度のぬるま湯で髪を洗うように心がけて、これ以上、髪を傷めないように気をつけましょう。

・濡れた状態でブラッシングしない
髪を洗っている時やタオルドライした後に、すぐに髪をブラッシングするとキューティクルの剥がれの原因になります。
ブラッシングは、洗髪前か洗髪後にドライヤーで髪を乾かしてからにしましょう。

・タオルドライの後に洗い流さないトリートメントを
洗髪後にタオルドライをしたら、まず洗い流さないトリートメントを塗ります。
その後、ドライヤーで髪を乾かすと、ドライヤーの熱による髪の傷みを防げます。

また、洗い流さないトリートメントは、髪の表面をしっかり覆って髪を保護してくれるので必須です。

Tomoのline@ Add Friend

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
1
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ