唇のシミを予防する3つの対策方法。それって乾燥だけが原因なの?

唇のシミを予防する3つの対策方法。それって乾燥だけが原因なの?

唇のシミを予防する3つの対策方法。それって乾燥だけが原因なの?

あなたはシミができるのは、顔だけだと思っていませんか?
実は、唇にもシミができるのです。

唇はお肌よりも皮膚が薄いので刺激を受けやすく、また紫外線が当たりやすい部位でもあります。

今回は、唇のシミを予防する3つの方法をご紹介します。

★唇はシミができやすい?

唇は乾燥しやすいですよね?
お肌にも同じことが言えますが、皮膚が薄い部位は潤いにくいので刺激を受けやすく、シミができる確率が高いです。

唇は、具体的に言うと3つの要因からシミができやすい部位なので要注意です。


・皮膚が薄い
唇は顔の肌と比べると、かなり皮膚が薄いです。
それは、触ってみるとよくわかりますね。

厳密に言うと、皮膚の表面にある角質層が薄いので、元々の保湿力があまりありません。


・皮脂腺が少ない
すぐにオイリーになってテカる肌と違い、唇にはあまり皮脂腺がないので、皮脂の分泌量が少ないです。

皮脂には、皮膚の表面に皮脂膜を張って皮膚を守る働きがあります。

しかし、唇は皮脂があまり出ないので保護膜がほとんどないため、刺激や紫外線に弱いのです。


・紫外線が当たりやすい
唇は少し出っ張っているので、紫外線が当たりやすいです。
紫外線対策をしなければ、ダイレクトに紫外線のダメージを受けることになります。

★唇のシミの原因は?

唇はシミができやすい部位なのにも関わらず、日常ではシミの原因になる行為を繰り返しているかもしれません。

唇にシミが出来るのは、次の3つの原因からです。


・紫外線対策していない
唇は皮膚が薄いので、お肌よりも紫外線のダメージを受けやすいです。
だからこそ、しっかりと紫外線対策をしなければいけないのです。


・口紅に含まれる化学物質の刺激
口紅やグロスには、石油由来のタール色素が使われている可能性もあります。
石油由来のタール色素は、唇に刺激を与えると同時に、皮膚の主成分であるタンパク質を破壊して紫外線を浴びると生成されるメラニン色素を沈着してシミを作ります。


・摩擦による刺激
クレンジングの時にこすったり、唇を噛んだりなどの刺激を与える行為を繰り返すと、刺激から守るためにメラニン色素が生成されます。
いつも刺激を与えている部分にメラニン色素が集中して沈着すると、シミが発生します。

★唇のシミの3つの予防方法

唇のシミ対策には、3つの予防方法があります。
簡単に取り組める予防方法なので、是非実践してみてくださいね。

・ビタミンC配合のリップを使う
美白成分の代表格でもあるビタミンCは、唇のシミの予防策にもおすすめです。
唇のデイリーケア用には、ビタミンC配合のリップを選びましょう。


・UVカット機能入りのリップや口紅を使う
UVカットできるリップや口紅に買い換えて、普段からしっかりと唇の紫外線対策をしましょう。


・口紅の前にリップクリームを塗る
口紅には、タール色素以外にも刺激物が入っているかもしれません。
念のために、口紅を塗る前にリップを塗って唇を保護する習慣をつけましょう。

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
1
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ